ビフィズス菌を増やす方法

ビフィズス菌サプリの効果は?

ビフィズス菌を増やすのに最適なサプリ

ビフィズス菌を増やす方法

腸内環境のバランスは、身体の免疫などにも関わっている大切なものです。 ビフィズス菌は、腸内環境を整える大切な役割を持っており、腸内の悪玉菌を抑えて、 腸そのものの働きを高めると言われています。ビフィズス菌の数は、 腸内にすんでいる善玉菌の数の90%以上を占めている重要な菌でもあり、 腸の働きは、ビフィズス菌の数と直結しているとも言われています。 腸の働きが活性化されると、体内の毒素の排出が促されて健康を維持することが出来るため、 できるだけ毎日の中で、腸内のビフィズス菌を増やすことが大切です。 ここでは、ビフィズス菌の増やし方をご紹介していきましょう。

ビフィズス菌を含むサプリや食品を取る

ヨーグルト

ビフィズス菌の数は、日々、変化しています。 ビフィズス菌は年齢を重ねると共に次第に減少していくと言われており、経口摂取で積極的に取り入れる必要のあるものです。 ビフィズス菌のサプリメントやビフィズス菌を含む食品などをできるだけ、毎日取るようにすると良いでしょう。

オリゴ糖を取り入れる

オリゴ糖は、ビフィズス菌の数を増やす働きがあることで知られています。 ビフィズス菌を身体に取り入れる時には、オリゴ糖と共に取り入れると効果的です。

腸内の悪玉菌を増やす食品を控える

牛肉

ビフィズス菌の働きのひとつに、酢酸を発生させて、強い殺菌力を腸内で発揮するというものがあります。 この働きにより、腸内の悪玉菌を減少させることが出来ますが。 この悪玉菌が増加してしまうような食事を控えるという方法も、ビフィズス菌の数を増やすことに繋がります。 悪玉菌を増やす食品は、肉類などの脂肪分が多い食品などが挙げられます。

食物繊維を多く取る

野菜

毎日の食事で、食物繊維が不足してくると、腸内環境が悪化して、必然的に腸内に悪玉菌が増えることになります。 食物繊維を多く取ることで、腸内環境を整えると悪玉菌は減少し、ビフィズス菌の数が安定します。

このように日々、身体に取り入れる食品に意識を向ける(ビフィズス菌などの乳酸菌を多く摂取する)だけで、腸内環境を整えることが出来ますね。

腸内環境を整えるために見ておきたいサイト
http://xn--r8j6g078gu3fkorsrvmou.com/・・・腸内環境を改善させる方法や乳酸菌やオリゴ糖について

↑ ページトップへ戻る

ビフィズス菌サプリメントがオススメの理由

サプリメント 健康維持は、バランスの良い食事を取ることや、適度な運動をすることが大切ですが、健康維持に欠かせないことと言えば、腸内環境を整えることです。 腸内環境は、身体の免疫機能を左右する上に、腸は身体の毒素排出をする役割も持っているため、最も意識を向けるべき部分だと言えます。 腸内環境を整える働きがあることで知られているビフィズス菌は、腸内に長く留まらないので、毎日、継続して取り入れることが大切です。 ビフィズス菌が配合されているサプリメントは、手軽に毎日の中でビフィズス菌を取り入れることのできるものですが。 こういったサプリメントのメリットについて、さっそく見ていきましょう。

必要な数のビフィズス菌を簡単に取ることが出来る

ビフィズス菌を含む食品には、ヨーグルトなどがあります。 毎日の中でビフィズス菌は100億個程度の数を取り入れることがベストだと言われていますが。 毎日欠かさず、この数のビフィズス菌を食事から取るとなると、継続することが難しいことが予測されます。 しかし、サプリメントなら、1日に必要な数のビフィズス菌を簡単に取り入れることが出来ます。

ビフィズス菌の弱点をカバーすることが出来る

ビフィズス菌は、胃酸に弱いという特徴があります。 ビフィズス菌は、生きたまま腸内まで届くことで、腸内環境を整える働きをするものです。 たとえ多くのビフィズス菌を取ったとしても、腸までうまく届かなければ意味がありません。 しかし、サプリメントなら、腸までしっかり届ける工夫がされてあるものが多いため、ビフィズス菌が腸内で効率良く働くことが出来ます。

ビフィズス菌と必要な成分を同時に取ることが出来る

サプリメントを飲まれている方の中には、健康のために飲む方や、美容のために飲む方などがいて、目的は人それぞれに違います。 サプリメントの中には、腸内環境を整えることのほかに、美容のためのプラスαの働きのあるサプリメントがあります。 こういったサプリメントを取ることで、健康を維持しながらも、同時に美容をサポートすることが出来ます。

サプリメントは、場所を選ばずに、いつでもどこでも取ることが出来る便利なものです。 バランスの取れた食事と共に、サプリメントで必要な成分を補給するのも良いかもしれませんね。

↑ ページトップへ戻る

ビフィズス菌の効果が知りたい

お肌

ビフィズス菌ほど、その名前が広く知られているものはありません。 ヨーグルトなどの乳製品などに含まれていることで親しまれていますが、食物繊維が豊富に含まれている野菜などを多く取り入れることでも、腸内のビフィズス菌が増えると言われています。 ビフィズス菌を身体に取り入れることは、腸内のビフィズス菌の数を増やすことに繋がりますが。 ビフィズス菌は、腸内で様々な有害物質を生み出すと言われている、悪玉菌の増殖を抑えます。 ここでは、ビフィズス菌の効果について、詳しく見ていくことにしましょう。

免疫力が向上する

身体の免疫機能が、外界の様々な病原菌から身体を守っています。 この免疫の働きを左右するのが、腸管だと言われており、免疫器官とも呼ばれています。 身体を守ってい免疫細胞のうち、なんと全体の約7割もの免疫細胞が、腸管に存在しています。 つまり、腸内環境が、そのまま免疫細胞の働きを左右するため、免疫の働きを良くするためには、腸内環境を整える必要があるのです。 腸内環境を整える最も大切なことは、腸内に、悪玉菌を抑制するビフィズス菌の数を増やすことだと言われています。

下痢や便秘などの症状を改善する

腸内で悪玉菌が増えると、腸内環境が乱れます。 悪玉菌が増殖すると、腸の動きが鈍くなり、下痢や便秘などの症状を生み出します。 ビフィズス菌は、腸内に乳酸や酢酸を多く生み出す働きを持っています。 中でも、酢酸は強い殺菌作用があるため、悪玉菌の増殖を抑える働きがあります。 つまり、腸内のビフィズス菌の数を増やすことで、悪玉菌の数を減少し、下痢や便秘などの症状が改善されるというわけです。

肌の調子を整える

身体は、最も重要な働きをする臓器に、優先的に栄養を送り届けようとする性質を持っています。 腸が身体に必要な栄養素を吸収していることは、広く知られていることですが。 腸が栄養の吸収を妨げられる原因のひとつに、腸内に悪玉菌が増殖することが挙げられます。 悪玉菌が増殖すると、腸の働きが低下して、栄養の吸収がうまく行なわれなくなります。 その結果、お肌にまで栄養が行き渡らなくなり、肌荒れの原因となってしまうのです。 腸の働きを良くするには、腸内環境を整えることが重要ですが。 腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やすことで、腸の栄養を吸収する力が向上し、その結果、お肌の調子が整います。

ビフィズス菌には、美容や健康にまつわる、様々な効果があるようですね。

↑ ページトップへ戻る